[光速貨物C]

    Great Harmony

ヨーロッパ撮影録 Oberwesel~St.Goar

Oberwesel~St.Goar
ライン川と石造りの塔、ブドウ畑を背景に入れた画が撮れる有名撮影地.
前記事のBacharachから一駅のOberweselから徒歩10分.中世の城壁の上に作られた遊歩道からの撮影になる.

DSC_4179-2.jpg

ICやICE、貨物に所謂業務ネタなどが撮れ、飽きない場所である.換算50〜120mm程度.
現地の観光客は挨拶で不審者度を測って来るので、爽やかに返せるよう準備は入念に()

DSC_4150-2.jpg DSC_4177-2.jpg




スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

ヨーロッパ撮影録 Bacharach~Oberwesel

Bacharach~Oberwesel
高速新線ができた現在もそこそこの数のICやICEがKoblenzを経由し、ライン川左岸線を走る.雄大なライン川を背景に数多くのポイントが点在するが、ここでは午前から順光で木組みの街を入れて編成撮りが可能.

場所はBacharachaを出て徒歩3分、川沿いの道に出て最初の側道を入った、アンダーパスの築堤脇にある.
換算250〜300mm程度.5人ぐらいは入りそう.
優雅にライン川クルーズやキャンプを楽しむ人々からは並木で隔てられているので安心だ()

DSC_4114-2.jpg

SBBの客車を牽く120型電機.まだ昼前で光線が今一つであったが、なかなか面白い組み合わせを撮れた.

DSC_4123-2.jpg

その他機関車のムド回送や検測車や貨物なども通る.後に出会った現地人鉄によると一週間の中でも週半ば、水木曜が多いらしい.

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

ヨーロッパ撮影録 Klanxbüll~Morsum

Klanxbüll~Morsum
ドイツ北部の保養地Sylt島は本土と、線路のある築堤のみでつながっている.そのロケーションの良さと、土地事情から来るカートレインの多さ、非電化区間を走る旧型機関車が国内外の撮影者を惹きつける理由であろう.

アプローチとしては島内最寄の駅から徒歩、または終着Westerlandからレンタサイクル(およそ8€)の利用となる.優雅に保養地をサイクリンクする家族連れや、わざわざ本土から高級車をカートレインで持ち込んでドライブする富裕層に混じって自転車で走るのも悪くないだろう()

DSC_4846-2.jpg

2017年夏時点ではICが218型機関車の重連、カートレインがDB色の245型機関車の単独での牽引であった.Hamburgから来るREは独自の青色を纏った245型が牽引する.この地での旧型機関車の運用は徐々に減っているように見受けられた.

DSC_4880-2.jpg

築堤のストレートから反対側を向くと本土へ向かう列車の面縦が可能.

DSC_4886-2.jpg
DSC_4931-2.jpg DSC_4904-2.jpg

この世の果てまで鉄路が続いているような感覚にしてくれる撮影地.また訪れてみたいですね…


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

ヨーロッパ撮影録 Eilendorf駅

Eilendorf駅
Aachen Hbfから2駅、付近は住宅地でRBしか停車しない.
DürenやKölnに抜ける幹線で定期列車としてICEは5往復、Thalys5往復、曜日指定でICも1往復する他、REや貨物なども撮影可能.今回ICが撮れたのは非常に幸運でした.

DSC_4069-2.jpg

REはRE1(Aachen~Hamm)とRE9(Aachen~Siegen)が経由するがRE9は電車化が進んでおり、機関車牽引だったのは撮影した3本中1本であった(2017年夏現在).RE1は120?型電気機関車の牽引で基本的にSiegen方に連結され、この構図では推進運転の撮影となる.いずれのREも毎時1本のパターンダイヤ.

DSC_4088-2.jpg DSC_4062-2.jpg
DSC_4031-2.jpg DSC_4042-2.jpg

ホームが若干ずれているので換算250mm程度で編成写真がまとまる.
トンネルを入れて構図を作るには換算300〜400mmがベスト.


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

ヨーロッパ撮影録 Aachen West駅

8月半ばからヨーロッパに滞在する機会があったので、その中で撮影した鉄道写真を掲載.
旅行記的な体裁だと長続きしなさそうなので、撮影地別に記します.今後訪れる人の参考になれば…

Aachen West駅
Aachen Hbfから2駅、大学至近で利用客も多くRBとREが停車する.
機関車牽引となるのはAachen Hbf~Düsseldorf/Dortmundを結ぶRE4(Wupper-Express)で、十中八九Aachen方に111型電気機関車が連結される.日中は毎時1本のパターンダイヤ(2017年現在)

DSC_3981-2.jpg

雑草の生えるホーム先端に行くと終着Aachenへ向かう列車が縦構図で撮影できる.換算300mmちょいあると嬉しい場所.ホームは無駄に長いので到着発車シーンなどを狙わなければ、8頭身のイケメン大学生に好奇の目で見られることもないだろう()

ちなみに貨物列車は隣接する操車場を通るのでこの構図では撮影できない.

DSC_3991-2.jpg DSC_3960-2.jpg DSC_3950-3.jpg

↑4回撮影に行き、同じ釜を各2回撮る図.
ゴハチ顔の111型、窓上の水きりの有無や行先表示器など趣味性も高そう.
個人的には前照灯が電球で下から刺さっているのがツボですね.


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

次のページ

FC2Ad