[光速貨物C]

    Great Harmony

撮影記録 5/27 ~2018 大宮車両所公開~

GWに青森へ行った以降は、どうも近場でフェンスと架線柱と戦ってまで撮影する気にならず、行き掛けの駄賃に羽田で軽く飛行機を撮った程度.夏に向けて倹約生活を送っていた訳ですが、この週末は只見行きを逃したこともあって、憂さ晴らしに久々の車両基地公開へ.

DSC_4632-2.jpg

JR貨物の倉に向かうと、絶賛国鉄色化進行中のPFがお出迎え.今まで使っていた更新色の塗料が調達できなくなったのが、理由らしいですが、そこで更新色に似せて塗装するでもなく、しれっと国鉄色に戻すのが貨物らしいところ.青プレ機はどうなるのでしょうかね.欲を言えばクリームプレート機に期待したいところです.

DSC_4694-2.jpg

お馴染み展示線は64-0と1000の並びでした.こちらもクリームプレートとはいきませんでしたが、往年のあけぼの・北陸の上越線ゴールデンコンビが見られて満足.

相変わらず子連れで繁盛してたので、釜だけ眺めて早々に撤退.
また64にはEL臨でお目にかかりたいところです.今年はみなかみとかあるんすかね…


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

青森遠征 ~客レ季節臨~

ヨンマル×岩木山で勝利を収め、揚々と津軽鉄道の始発駅五所川原へ.馴染みの機関区脇にいくと、倉から凸釜のアイドリング音.平成30年、日本最北の私鉄でこんな景色が見られる有り難さをひしひしと感じる瞬間です.

DSC_4034.jpg

出区シーンを押さえてから、旧客に乗り込むとスルメの匂いの染み付いた車内.程なくして、軽い衝撃と共に発車.

車窓からロケハンしてみると、第一候補だった津軽飯詰付近の菜の花はまだ時期じゃないのか点在する程度.代わりに嘉瀬付近の築堤にかろうじてあった群生を狙うことに.

DSC-12_3886-2.jpg

やや背景が煩いですが、こんなもんですかね.残念ながら午後は曇り空になってしまい岩木山とのコラボは叶わず.
あとは実験的カットと定番駅スナップを数枚掲載.腕木信号機関連の構図はまだ開拓の余地がありそうですね.

DSC_4173-2.jpg DSC-12_3909-3.jpg
DSC_4227-2.jpg

車内スナップのほうは同業者が写り込んだりして今一つの歩留まり.また夏もねぷた臨ありそうですが、陽も高いし田んぼも緑一色だし…今回はなんとか撮れ高確保できましたが、そろそろ手持ちのパターンで撮れる画も尽きたのかななんて.
次回は訪れるのは季節を飛ばして冬になりそうな気がした今回の遠征でした.

帰りはお馴染みスカイメイトでひとっ飛び.マイルを貯めるささやかな欲求も満たせたので満足して帰宅の途に就きました.

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

青森遠征 ~津軽春景~

列島が淡い新緑で彩られ、夏光線になる手前の5月初旬.この時期に連休を作った先人に感謝して、一路桜舞う青森へ.
片道5台体制で走るノクターン号に揺られ、弘前にて降り立つと、冠雪した岩木山の堂々とした姿が眼前に広がっていました.

幸か不幸か滞在する2日間天気は下り坂との予報.この機を逃すわけにはいかないと奥羽線の普通列車に飛び乗り、川部のお立ち台へ.
先客集団が陣取るストレート構図が確かに定番ではあるこの撮影地.しかしどうしても前方に見え隠れする菜の花で構図が組めそうな気がしたので、断って前方のカーブアングルまで歩を進めた.

DSC-12_3622-2.jpg

リンゴの木の隙間からローアンを組むとこれがドンピシャ.何度も通った五能線ですが、この景色には感動しました.
日本全国あまたの撮影地を訪れましたが、やはり青森の弘前、五所川原.この近辺の風景が私には一番心に響く、そう思いました.

もっとも鉄道趣味で訪れる以上、そこを走る列車がかなりのウエイトを占めるのは紛れもない事実.五能線からキハ40が引退するまで、津軽鉄道から機関車が引退するまではこの景色を追っていく心づもりです.

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

撮影記録 4/7 ~春風舞う桃源郷~

今年の桜前線の北上具合は目を見張るものがあり、凄まじい速さで3月末には跡形もなく東京を通過.うかうか病院のベットで寝ている間に手遅れになってしまったようでした.189国鉄色のラストなど桜と共に見送りたかったものです…

さて失われた春の季節感を取り戻すべく、憂さ晴らしのドライブを兼ねて向かったのはわたらせ渓谷鐡道.普段ならあまり興味の湧く路線ではありませんが、友人曰く桜の色づきは折り紙付きとのこと.期待して神戸駅を目指して車を走らせていくと、線路端に見事な桜並木が広がっていました.

列車名からして正確には桃の木なのでしょうが、白ともピンクともつかないソメイヨシノよりは写真映えするというもの.テツとは毛色の違う方々を眺めつつ、アクロバットな体勢で列車を待っていると、中途半端に立派な編成を引き連れたDE10の姿が遠くから迫ってきました.

DSC-12_3233_20180427220448149.jpg

目障りな構造物と撮影者には、文明の力で消えていただいて構図は完成.サンヨンがあればなぁという声は喉に押しとどめて撤収.

DSC-12_3222-2.jpg

まぁズームだからこそ撮れる画もあるのですが…それにしても最近の望遠偏重主義は自分でも是正していきたいものです.

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

撮影記録 3/2 ~LSE最後の輝き~

3月は色々あって入院するなどしていたので、ほとんどにも撮影に行けず、バイトや旅行もキャンセルする羽目に.
温めていた桜関連のポイントや189ラストなど巡りたかったのですがね…勿体ないことをしました.

したがって3月の撮れ高は皆無に等しいのですが、唯一天気を見計らって向かったのは、再履の富水首カックン.
小田急が私鉄の雄かどうか議論は分かれるところでしょうが、ロマンスカーが関東私鉄随一のネームバリューとカッコよさを誇ることは誰もが認めるところ.定期で走っているうちにイケメンな姿を少しでも押さえておこうということで訪れました.

DSC-12_1783-2.jpg

既に十人前後が待ち構える中、五角形の踏切警報信号が隠れる低めのポジションについて待つこと1時間半.

なんとか被りを回避し、最高の条件で辛勝を収めることができました.先頭がフレームアウトするまえに、上り列車が被るほどギリギリだったので、得られた喜びもひとしお.春霞の空が続く4月半ばの今となっては、抜けの良い丹沢の山々も懐かしい笑.

DSC-12_1797.jpg

返しも申し訳程度に新宿頭端から撮影.相変わらず窮屈さを感じる駅構造ですが、これも日本らしさなのでしょうかね…
189、LSEといい昭和の名車の時代もそろそろ終わりを迎えようとしているようです.

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

次のページ

FC2Ad